クラツー登山ツアー

低山なら50代から始めてもできる【安全に始める趣味としての山歩き】

蛇谷ヶ峰
悩みのおじさん

私の近所は低山なら多くあるようです。50代でも低山なら楽しめるかな🤔

私は54歳で登山を始めましたが、今では習慣として毎週登山を楽しんでますよ😃

まさ
悩みのおじさん

道具も何からそろえたら良いか分からないし、道も分からないんだよなあ😥

登山でも何でもYouTubeやX(エックス)などSNSで情報を取得すればいいんですよ😀

まさ
悩みのおじさん

SNSとか正直苦手なんですよね😥

始めはSNSで情報発信する必要はないですよ😃まずはYouTubeで登山系YouTubeを視聴しているだけでいいですから

まさ
悩みのおじさん

そうなんですね🤔YouTubeを見る位ならできるかな😀

50代の私も登山系ユーチューバーで情報取得してます😃低山情報も満載ですよ😃

まさ

低山なら50代からでも山歩きを楽しめます!山の知識と注意点を理解すれば、いつでも誰にでもできる。

低山なら50代からでも山歩きを楽しめます。最低限の山の知識と注意点を理解すれば、いつでも誰でも簡単にできます😃

登山と言っても低山登山と高山登山では、大きくスキルや体力面で違いがあります。その他の要因、夏山・冬山の違いなども違いはあり、単純な話ではありませんが、ここでは低山と高山の違いに絞って説明します😃

私の中での高山とは1,500mを超える山は高山と捉えています⛰️初心者ハイカーなら1,000m前後までと考えて良いかもしれません😃

私は関西在住なので、関西の人気登山スポットを例に挙げると、金剛山(1,125m)・大和葛城山(959m)・六甲山(931m)です😃ちなみに関東なら高尾山(599m)・陣馬山(857m)・筑波山(877m)と言ったところです😃

ただし低山とは言え、山を甘く見ると命取りになります。

低山でも最低限の登山の知識として、登山の三種の神器位は知っておきましょう。

  1. 登山靴 
    • 最も必要なアイテム。スニーカーで山登りはNGです。足を守る事が最も重要です。
  2. ザック(リュックサック)
    • 容量・機能など実は奥が深く、命を守るアイテムを収納する必須アイテムです。
  3. レインウェア
    • 山の天気は変わりやすく、夏でも低体温症に陥る危険があります。必ず携帯すべきアイテムなのです。

山の三種の神器、最低限保有する事から始めましょう。そして必ずこれら命を守る三種の神器は、専門店で試着し店員のアドバイスに忠実に購入して下さい😃

三種の神器がそろったあなたは、低山登山にチャレンジできるスタートラインに立つことができました。

以下に、50代からでも始める事ができる低山登山について3つの根拠をまとめました。

  1. 低山は日本中どこにでも有り、50代でも気軽に安全に今すぐ楽しめます。
  2. 低山なら50代でも服の調整次第で春夏秋冬楽しめます。
  3. 低山なら50代でも軽装備、低予算で登山はできます。

1.低山は日本中どこにでも有り、50代でも気軽に安全に今すぐ楽しめます。

1,000m前後の山なら日本中比較的どこにでもありますので、どこに住んでいても登山は楽しめます😃もちろん50代の初心者ハイカーである、あなたにも十分可能です😃

1,000m前後も素晴らしい眺望と豊かな自然が楽しめ、日ごろのストレスから解消できるのみならず、抜群に健康にいいスポーツそれが登山です😃

2.低山なら50代でも服の調整次第で春夏秋冬楽しめます。

低山なら50代でも服の調整次第で春夏秋冬楽しめます。

3.低山なら50代でも軽装備、低予算で登山はできます。

低山なら50代でも軽装備、低予算で登山はできます。

計画が苦手な方は、ひとり旅も充実したクラブツーリズムのツアーで行くのもオススメします。

【まとめ】 低山なら50代からでも山歩きを楽しめます。最低限の山の知識と注意点を理解すれば、いつでも誰でも簡単にできる。

低山なら50代からでも山歩きを楽しめます。最低限の山の知識と注意点を理解すれば、いつでも誰でも簡単にできる。

  1. 低山は日本中どこにでも有り、50代でも気軽に安全に今すぐ楽しめます。
  2. 低山なら50代でも服の調整次第で春夏秋冬楽しめます。
  3. 低山なら50代でも軽装備、低予算で登山はできます。

計画が苦手な方は、ひとり旅も充実したクラブツーリズムのツアーで行くのもオススメします。

-クラツー登山ツアー
-, ,